So-net無料ブログ作成

講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)

 大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で行われていたとされる一連の不正経理疑惑で、研究室側が数年前から男性講師にも「カラ出張」を求めていた疑いのあることが14日、関係者への取材でわかった。この研究室では、非常勤の「特任研究員」がカラ出張を求められていたとされるが、指導する立場でもある講師も関与していた疑いが強まったことで、研究室ぐるみで不正経理が続けられていた可能性が強まった。

 阪大の調査委員会は男性講師からすでに事情を聴いており、金の使途について調べている。

 男性講師は約10年前からこの研究室に所属。自身の研究も続ける一方で学生の指導に当たっている。

 男性講師は産経新聞の取材に対し、カラ出張について「一昨年や昨年に何度かあったと記憶している」と証言。さらに「今年の2月や3月にも少しあった」と説明した。

 男性講師によると、数年前から、他の特任研究員のケースと同様、研究室の事務担当者から事前に出張費の振り込みがあることを告げられ、その後、出張費が自身の口座に振り込まれていた。入金後、男性講師は全額を事務担当者に手渡していたという。

 男性講師は「(カラ出張を)強要されたというより、勝手に出張したことになっていたという感じだった」と証言。ただ「自分は一円も受け取っていない。この金がどのように流れて、使われたのか全然知らない」と話した。

【関連記事】
阪大院研究室、メールで給与返金指示 別の非常勤研究員に
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック

菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席(産経新聞)
「こりほぐす」と下半身触る 整体師逮捕(産経新聞)
国会閉会は選挙目当て? 枝野民主幹事長「げすの勘ぐり」(産経新聞)
早期退職で年収の半分を10年間支給 朝日新聞の制度にネットは「うらやまし〜」(J-CASTニュース)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)

次の首相は…「誰がなってもまた投げ出す」 街の声@新宿・渋谷(産経新聞)

 鳩山総理の突然の辞任に揺れた一日。次の首相には誰がふさわしいのか、街の声を聞いた。

 東京都新宿区の会社役員、槍沢(うつぎさわ)直人さん(44)

 「辞任は驚きはしない。子ども手当ての財源などマニフェストに全く裏付けがなかった。お粗末すぎた」

 東京都台東区の自営業、新井栄一さん(60)

 「小沢さんも役員会をまた開いて今後を決めるということだったので、昨日の鳩山さんの親指を立てていたのはなんだったんだろうという感じだ。また政局が荒れると思うが、これからはこういう時代だとはっきりと政策を示せる人に出てきてほしい」

 東京都大田区の無職、永松紫(ゆかり)さん(44)

 「政治資金の問題があってもなかなか辞めなかったので、小沢さんの辞任の方がびっくりした。民主党は寄せ集め政党なのでやりたいことがバラバラ。今後も安保の問題など、どこで落としどころをつけるのか不安だ。誰が次の総理になってもまた投げ出すような気がする」

 名古屋市西区の中学3年、山本有莉さん(15)

 「母親は『今の政権になってから景気が悪くなった』といつも言っている。自分のお小遣いも1000円減った。鳩山さんと小沢さんが辞めて景気が良くなってほしい」

 札幌市北区の大学4年、小西真朱実(ますみ)さん(22)

 「びっくりしたというよりも、変わらないなという思いだ。後釜も決まらないまま、いろんなことを中途半端なままで投げ出すのは無責任だ」

 東京都府中市の大学助教、久保智弘さん(32)

 「最近は首相が次々に変わっているので、残ってもらいたかった。ただ、小沢さんも鳩山さんも辞めるのであれば民主党は大きく変わるのではないかという期待感はある」

 東京都渋谷区の無職、浅田怜子さん(80)

 「辞職は当然と思う。基地問題も政治とカネの問題も、国民に対しての説明が不明瞭で信用できないと思っていた。子ども手当ても大事だが、次の政権には、今までがんばってきた高齢者も安心して暮らせるように、年金や福祉の問題を扱ってほしい」

 東京都立川市の会社員、竹山一蔵さん(34)

 「沖縄の基地の問題は、誰が首相でも県外移設など解決はできなかったと思う。だからそれで引責辞任というのはかわいそうな気もする。名も知れていて実力もそれなりにあるのは菅さんしかいないから、次が菅さんなのも仕方がないのかという思いが強い」

 埼玉県川口市の会社員、山本美穂さん(23)

 「まだ何も成果を残してないのに辞めるのはふがいないし、グダグダな感じがする。小泉さん以外は、自民政権も民主政権も結局誰も成果を残せずに辞めている。それなりに何かしてから辞めてほしい」

 横浜市緑区の会社員、伊野原大樹さん(30)

 「鳩山さんが辞任して誰が次の総理になるにしても、とにかく安定した政権になってほしい。これからは雇用や子育て、教育などを中心にバランスのとれた、実現可能なレベルの政策を発表してほしい」

 鳩山総理の突然の辞任に揺れた一日。次の首相には誰がふさわしいのか、街の声を聞いた。

 東京都新宿区の歯科医、津徳亮成(つのり・かつよし)さん(25)

 「鳩山さんが辞めても辞めなくても大もめになっている感じだった。今度は、ちゃんとしたリーダーが立ち上がって、安定した政権を築くのを望む。政権投げ出しが続いているのは国としてダメだし、国民としても恥ずかしい」

【関連記事】
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
首相辞任で農水省「口蹄疫、やるべきことをやるだけ」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
ポスト鳩山、菅副総理・財務相が最有力
「はやぶさ」帰還へ

<菅首相>組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ(毎日新聞)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。